プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

京都のこと(2)

 
2009/12/16(Wed) Category : 京都

大文字山は、京都五山の送り火で有名ですが、あの山は、ふだん、登ることができます。哲学者の西田幾多郎は、現在、観光名所となっている「哲学の道」を思索しながら、歩きましたが、私は、考えごとや悩みがあると、大文字山に、よく登りました。大文字山山頂から眺める風景は、京都の街を一望できる、最高に美しい場所です。夕方に登ると、京都の街の灯りがひとつふたつと、灯ってゆく風景が、堪能できます。ただし、念のため、とくに女性の方に、言っておきますが、この登り方をすると、下山時の山道が、真っ暗になりますから、蛍光灯を持参し、何人かで行かれたほうがよいかもしれませんので、ご注意ください。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
: 大阪/笑い/カウンセリング

 
Comment  |  Trackback
 
 

京都のこと(1)

 
2009/12/15(Tue) Category : 京都

私は、愛知県の知多半島出身で、高校まで、愛知県で育ちました。大学は、東京に行こうか、京都に行こうか、悩みました。愛知県は、関東と関西の真ん中にあるので、どちらにも、行けるのです。当時、たまたま、その年は、東大と京大をふたつとも、受験できたので、両方とも、合格しました。私は、京都という街と、京大のリベラルな学風を愛していたので、京都へ来ました。京都という街は、コンパクトにまとまっているので、若く、エネルギーに溢れた学生時代の私は、京都中を、自転車で、走り廻っていたものです。京都は、私にとって、ユングのいうanima(アニマ、たましい)だと思います。妻が、京都人なので、京都には、たびたび、帰りますが、やはり、よいですね。京都は、私の第二のふるさとです。妻は、いま、忙しく飛び廻っている臨床心理士です。オフィス松浦では、女性カウンセラーをご希望の方があれば、可能な限り、妻が対応しています。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
: 大阪/笑い/カウンセリング

 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR