プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

癒しの主体性

 
2009/11/09(Mon) Category : 書評・癒し

先日、上田紀行氏が岩波新書から出している『生きる意味』という本を読みました。上田紀行氏は、文化人類学を専門にする東京工業大学の准教授であり、そしてなにより、NHKアナウンサー、武内陶子さんのご主人(!)であると同時に、「癒し」というキーワードを日本に広めた一人です。昔、上田紀行氏の講演を伊豆の弓ヶ浜で行われた日本トランスパーソナル学会で、聴きました。懐かしいな。弓ヶ浜は、いいところですよ。あのときは、河合隼雄先生や加藤清先生、それに喜多郎がいはって、面白かったな。それはともかく、上田紀行氏は、よいですよ。文化人類学者という、さまざまな文化をフィールドワークした、ひろいパースペクティヴから、そして自分自身、学生時代にカウンセリングを受けた経験から、さらに大学生に教える経験から、「癒し」を考えています。上田氏は、「癒し」を受け身的なものとして、考えていません。むしろ、苦悩をともなう主体的なもの、自分自身で、創造してゆくものとして、しかし、それは、孤独におこなうものではなく(もちろんどうしても孤独な時期も必要なことを指摘しています)、他者とのコミュニケーションを通じて、創造してゆくものだと考えています。そういったことのひとつとして、カウンセリングやセラピーがあるのです。上田氏の本、読みやすいし、よいので、おすすめします。また、記事で紹介します。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
: 大阪/笑い/カウンセリング

 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR