プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

NHK Eテレ「戦後史証言PROJECT 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち」

 
2014/07/16(Wed) Category : 番組評
リビングで、テレビを観ながら、夕食を食べていたとき、妻がふと、この番組にチャンネルをかえたので、私ははじめてこの番組を知ることができ、無我夢中で観ることができました。このNHK Eテレ「戦後史証言PROJECT 日本人は何をめざしてきたのか 知の巨人たち」はすごい番組です。集団的自衛権の問題などで、現代日本がその方向にゆきつつあるなかで、こういう番組をつくって放送できるところが、NHKのましなところです。まず、この番組の第1回は、「原子力 科学者は発言する 湯川秀樹と武谷三男」です。日本の「原子力」という問題に、専門家である科学者の立場から、慎重に、批判的に、コミットされた湯川秀樹先生と武谷三男先生を中心に歴史的にまとめた番組ですが、亡くなられた高木仁三郎さんも、ちらっとですが、出てきて、日本の原子力問題を考えるうえでの、とてもよい番組です。この番組の第2回は、「ひとびとの哲学を見つめて~鶴見俊輔と“思想の科学”」では、私が私淑している哲学者の鶴見俊輔先生と、鶴見先生が中心となってかかわっておられた雑誌、「思想の科学」にふれながら、戦後の、60年安保やベ平連などの市民活動の歴史をまとめています。亡くなられた西宮の小田実さんもちらっとですが、出てきます。今回、ひさしぶりに、鶴見俊輔先生をテレビで拝見いたしましたが、鶴見俊輔先生には、じぶん自身で考えてきた、自前の考えがある、じぶん自身の自前の哲学がある、ということを再確認いたしました。NHKも、このような民放では、つくれない、まともな、すごい番組がつくれるのですから、頑張ってください。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR