プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

あきらめについて

 
2014/10/24(Fri) Category : コラム
最近、あるクライアントの方に教えてもらって、さっそく確認したのですが、バスケ漫画の「スラムダンク」に、「あきらめたらそこで試合終了だよ」というセリフがあるようです。これはたしかなことで、ありとあらゆるスポーツの試合、スポーツにかぎらず、たとえば囲碁や将棋などの対局、さらには、その人の人生それ自体、「あきらめたらそこで試合終了だよ」です。漫画というのは奥が深く、現代日本文化のなかでは数少ない世界に誇れる文化だと思っていますので、私はカウンセリングで気のおけないクライアントの方々には、漫画やアニメのセリフの引用を、わりとよくしますし、クライアントの方々も、ときにしてくださります。私が、あきらめはつまらんよということについて、もっともよく学んだのは、親父からになるでしょうか。親父は、高校教師で、教育委員会にもいたことがあって、最後は、名古屋のよい高校の校長をしました。しかしながら、親父には、私が知多半島の実家で生活していた時代に、一応、身近に接していましたので(笑)、わかっていたのですが、勉強をほとんどしなくなっていて、人生についてのあきらめがありましたし、いまもたぶん、ありますし、親父の先輩である、おじちゃんやおにさん(おにづか先生)には死ぬまであったと私が感じられる向上心があまりなく、私の叔母であるしげちゃん流のことばで言えば、「あきらめたらいけん」です。私は、親父とおふくろを最高最強の反面教師にしていますので、「あきらめたらおわり」ということは、骨の髄まで、私に浸透していますし、必要があれば、クライアントの方々にも、お教えいたしています。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR