プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

日々随想(145)

 
2015/08/31(Mon) Category : コラム
きょうは、カウンセリングの仕事を休みにしていますが、EAP(従業員支援プログラム)関連の事務処理をちょこっとしていました。EAP(従業員支援プログラム)は、たぶん、まだまだ、あまり普通一般の人々には知られていないと思われますが、あるていど大きな企業や省庁や県庁や市役所や学校などなどの組織は、EAP(従業員支援プログラム)を専門にやっている、たいていは東京に本社がある会社たちのどこかと契約していて、そしてまた、そういうEAP(従業員支援プログラム)の会社たちは、当カウンセリングルームのような日本全国にあるカウンセリングルームと提携していて、そういっったあるていど大きな企業や省庁や県庁や市役所や学校などなどの組織の従業員の方々は、EAP(従業員支援プログラム)の会社を通すと、居住地あるいは会社の近場のカウンセリングルームを斡旋してくれて、自己負担なく、カウンセリングが無料で受けられるシステムがあるので、必要ならば、活用してください。ああ、そうそう、たいていのEAP(従業員支援プログラム)の会社を通すシステムでは、年間5回程度のカウンセリングが自己負担なく、無料で活用出来る感じです。あと、従業員の家族の方々も自己負担なく無料でカウンセリングを活用出来るEAP(従業員支援プログラム)の会社もあります。それらは、その組織(会社)がどのEAP(従業員支援プログラム)の会社と契約しているか、そしてどんな契約をしているかによって、ちがってくると思われます。もちろん、EAP(従業員支援プログラム)の会社たちは、長年付き合っていてわかるのですが、組織の従業員の方々の個人情報をきちんと守りますので、ご安心してつかってください。ああ、それと、少なくとも、当カウンセリングルームというか私は、もちろん、個人情報を、きっちり守ります。EAP(従業員支援プログラム)の会社たちからの依頼の仕事は、私もちょっとばかり事務処理をしないといけないので、ほんとは当カウンセリングルームとの直接のやりとりで来ていただいたほうがよりもっとやりやすいのですが、それでも、welcomeです。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR