プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

日々随想(320)

 
2016/04/29(Fri) Category : コラム
きのう、大阪梅田の阪神百貨店でおこなわれている阪神大ワイン祭に、妻と行って来ました。阪神大ワイン祭は、世界中のワインたちが無料でテイスティングできるので、ワインの勉強になります。今、現在の私のワイン・テイスティング力でわかったのは、味わいの複雑性のおもしろさを楽しめるのは、やはり、フランスのボルドー・ワインです。無料の試飲だけして帰っては悪いと思ったので、今、現在の私がそこでいちばん美味しいと感じた、2005年のシャトー・フルカス・ルパネという、ボルドー・ワインを1本だけ買って帰って来ました。フランス人の方が接客していましたので、ひさしぶりに、カタコトのフランス語を交えながらしゃべったり、握手したりしました。阪神大ワイン祭は、何年か前にも、妻と行きましたが、そのときと比較して言えることは、今回は男女を問わずお客さんが多くて、今、現在の日本は、けっこうなワインブームなんやなあ、と感じたことと、今回扱っていたワインは、どちらかと言えばリーズナブルな価格のワインを扱っていて、超高価格ワインは、試飲出来ませんでした(笑)。ブルゴーニュの超高価格ワインがあれば、試飲だけでも勉強になるなあ、と思って行ったのですが、なかったです。

さて、最近のカウンセリング・セッションをつうじて考えたことのいくつか。

人間関係は、最低限の相手への配慮が出来ていれば、自分一人でごちゃごちゃと悩んで考えないほうがよい。

人間関係は、その人間関係におけるその関係性の定義をしなおすには、超微妙な調節というか配慮ができたほうがよい。

人間関係は、エゴグラムで言うところのA(大人)の部分がちゃんとつかえて機能しないと、うまく機能しない。

さて、私は、東北被災地出張前後に、携帯電話通話をやたらとつかったら、携帯電話料金がやたらと高くついて、携帯電話会社と話して、ふだんつかっていない私の携帯のメールアドレスを廃止してもらい、携帯は、電話だけのかけ放題プランに五月一日にかわるので、いくらどれだけ、携帯電話をつかおうとも、月々3000円以内でおさまる設定に変更し、朝日新聞も4月いっぱいで配達を止めてもらうことにし、きょう、赤ワインとたばこの量を、これまでの3分の2以下(できれば半分に)に減らすことに決めました。また、この連休中に、蔵書の整理をして、古本屋さんに買い取りしてもらおうと考えたのですが、連休中は、私が信用している古本屋さんがすでに忙しくて買い取りに来られないので、それは、だいじな本はかんたんに売ってはいかんぞい、との(なんらかの)神のお告げであると判断し、蔵書(の一部)を売るのは止めました。私は、「金は天下の回り物」とこれまで思ってきて、「節約」あるいは「節制」なる感覚を、度外視してきたところがありますが、適度な節約あるいは節制ちゅうもんは、エゴグラムで言うところのA(大人)の部分だと目覚めました。目覚めるということは、時間がかかり、また、難しいことですが、どのような心理学的目覚めであれ、おもしろいことであると思われます。

オフィス松浦 ホームページ
HOME : 対人恐怖について : 不登校について : 鬱(うつ)のカウンセリング



 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR