プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

日々随想(783)

 
2018/03/23(Fri) Category : コラム
俺のある若い友人にそそのかされて(笑)、ツイッターをはじめたおかげで、しばらく「日々随想」を書くリズムを見失っていました。その若い友人によれば、若い世代の人々は、自己啓発であるとかハウツーであるとかによって自分を高めることができると本気で信じているらしいです。なかには自己啓発を哲学だ、と、思っている人々までいるらしいです。ちなみに、哲学とは、西田幾多郎先生や三木清先生がおやりになられたようなことを哲学と言います。ちなみに、自己啓発本を読むぐらいならば、すぐれた漫画作品やアニメ作品を読んだり観たりするほうがはるかに成長します。自己啓発であるとかハウツーであるとかという発想は、お手軽すぎて、自分を高めることにはほとんどつながらないように思われます。自分を高める、あるいは、成長するとは、音楽を聴いたり、絵画を観たり、映画を観たり、さまざまなジャンルの文献を読んだり、旅をしたり、趣味に打ち込んだりといった、長い回り道を経てのみ可能であるように思われます。自分を高める、あるいは、成長するとは、なんの役に立つのかわけわからん一見無駄なことを圧倒的におこなうことを経てのみ可能であるように思われます。出来れば、学生時代のような若い頃にそういうことをおこなっておくと理想的です。現代日本社会のお手軽主義的風潮には、俺は批判的です。お手軽主義的になると軽くて薄いことしか身につきません。何事も本格的に取り組まないことには、重厚で分厚いことは身につきません。たとえ話ですが、三十年、酒を飲んできて、ようやく、酒の味が俺にも精緻にわかるようになってきました。もうひとつ、たとえ話ですが、生け花を独学ではじめて約一年、花の色の美がほんの少しわかるようになり、昔ながらのお花屋さんに行ったら、ざっと花々をながめてほぼ一瞬で花がえらべるようになりました。最近、ある若い友人と、毎日、電話で現代日本社会について議論していて、夏目漱石の「こころ」における先生みたいな立ち位置を取らされているので(笑)、近々、俺は自害するかもしれません(笑)。

ツイッターなるものをはじめてみました。twitter.com/mturtks2
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR