プロフィール
 

officematsuura3

Author:officematsuura3
オフィス松浦HPへ

JR尼崎駅北側、徒歩5分のところで、カウンセリングおよびセラピーをおこなっている臨床心理士です。

住所:尼崎市潮江1-15-3
電話:06-6492-2388
携帯:090-3870-6101

詳しくは、ホームページをご覧ください。

 
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
 
 

日々随想(846)

 
2019/08/27(Tue) Category : コラム
フロイトは精神病理の発生を退行によるものと考えている。その一方、フロイトがクライエントにカウチに寝転がってもらって自由に思い浮かぶことをしゃべってもらうというのは、退行をうながしている。また、その程度の差はあれ、すべてのセラピー、カウンセリングは、退行をうながしている側面がある。

精神病理の発生を悪性の退行、精神分析、セラピー、カウンセリングを良性の退行と考えることができる。また、精神病理の発生それ自体を、一個人が生まれ変わるための「創造の病い」ととらえなおすことができる。創造のためには、退行が必要である。

クライエントの創造の仕事を完成させることをめざすのが、精神分析、セラピー、カウンセリングである以上、良性の退行を育み、創造の仕事に取り組んでもらうということである。

適応は、反退行であって、適応をあせってはよくない。もっともっと退行すべき「時」がある。

発達障害の人々への支援は、「適応」ということだけしか考えていない感があり、「退行の創造性」という観点が欠如している感がある。

一個人における精神病理の立ち現れを、「創造の病い」の「時」ととらえなおすならば、たとえ話として、山田花子さんならば、「山田花子さん病」であって、精神病理には、それぐらいの個人差、個性がある。

そのような精神病理の個性に深く寄り添い、「創造の病い」としての、たとえば、山田花子さんならば、山田花子さん病という創造の病いにおける創造の仕事をささえるのがセラピスト、カウンセラーである。

一個人における精神病理の立ち現れは、シンクロニシティ、あるいは、コンステレーションの観点からとらえなおして、その一個人におけるカイロスであるととらえなおすと、きわめて人間的である。
 
Comment  |  Trackback
 
Home | Top ▲
 
検索フォーム
 
 
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
 
QR